認知症

アルツハイマー病とApoEとの関連性

更新日:

アルツハイマー病とアミロイドβ

 

アルツハイマー病はアルツハイマー博士が記憶障害のある女性の脳を調べて、脳の委縮やシミ、脳神経の糸くずのようなもつれ(神経線維の変化)を発見したことから発見に至りました。

脳のシミ(老人班)を構成している物質はでアミロイドβというたんぱく質です。通常のアミロイドβは排泄されますが、アルツハイマー病ではアミロイドβが生産される量が多い状態であり、蓄積されてしまいます。

神経線維の変化は蓄積したアミロイドβにより神経線維が傷ついた状態です。

 

アルツハイマー病になり易い人、なりにくい人

 

アルツハイマー病は遺伝的な要素が強い疾患であることがわかってきました。それは、アポリポたんぱくE(ApoE)との関連性からわかってきました。

ApoEはHDLやLDLなどのリポたんぱく質の構成要素の一つです。ApoEを産生する遺伝子は3つ存在し、それぞれApoE2ApoE3 ApoE4という3つの型(部分的なアミノ酸の違い)のたんぱく質が産生されます。

ApoE3正常型と言われ、ApoE4アルツハイマー病の危険因子で発症確立を格段に増加させます。

ApoE2は逆に発症リスクを低下させることがわかってきました。なお、ApoE2は高脂血症の原因となるといわれます。

遺伝子を受け継ぐパターン遺伝子は両親から受け継ぎます。ApoEの産生遺伝子のパターンは…

 

ApoE2/E2、ApoE2/E3、ApoE2/E4、ApoE3/E3、ApoE3/E4、ApoE4/E4

 

の6パターンが考えられます。その中の4パターンの発症リスクのデータが有ります。80歳までにアルツハイマー病に罹患する確率は以下の通りとのことです。

 

ApoE2/E2  (5%より低い?)

ApoE2/E3   5%

ApoE3/E3  10%

ApoE2/E4  17%

ApoE3/E4  (17%より高く25%より低い?)

ApoE4/E4  25%

 

ApoE2はリスクを下げ、ApoE4はリスクを上げ、ApoE3はどちらでもないとすれば、こんな順位でしょうか。

しかし、ApoE4遺伝子を持っていない人もアルツハイマー病に罹患していますし、ApoE4遺伝子を持っていても罹患しない人も存在するので、あくまでApoE4はリスク要因ということになります。

ApoE4遺伝子を持って更に長生きした場合、発症確立は更に増加することでしょう。

 

遺伝子治療のトライアル

 

アルツハイマー病のリスクを下げるApoE2遺伝子をウイルスに移植し、脊髄に注入する臨床試験が計画されているようです。

サルでの実験ではApoE2遺伝子の拡散が確認され、ネズミの実験では脳内アミロイドβ量の減少が確認されたとのことです。

 

かっぱ君
今後の研究成果が待たれますね。

 

糖尿病はリスクを高めるので、食生活や有酸素運動などの生活習慣も予防には大切なんです。
妖精

 

龍じい
DHAやEPAはアルツハイマー病のリスクを下げることがわかっとるんじゃ。

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-認知症

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2019 All Rights Reserved.