ダイエット メタボ 糖尿病・脂質 糖類 腸内細菌

カロリーオフ、人工甘味料の危険性

更新日:

カロリーオフとは

 

最近の飲料系商品には「カロリーオフ」「カロリーゼロ」「ゼロカロリー」「ノンカロリー」「糖質オフ」「糖質ゼロ」「無糖」などといった表示がたくさん見られるようになりました。

少しでもカロリーを減らしたいと考える消費者から手が伸びているのではないでしょうか?そもそも本当に「0kcal」?なのでしょうか。

実は「カロリーオフ」「カロリーゼロ」「ノンカロリー」などの表示は、100ml当たりのカロリーが5kcal未満の商品に表示が可能です。

なので全くの「0kcal」ではありません。5kcalを超えた商品には「低カロリー」などと表示される場合もあるようです。

消費者庁の「食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン」では、特定成分を下記のように表示する旨の規定が有ります。

 

含まない旨

無〇〇、ゼロ〇〇、ノン〇〇
その他上記に類する表示

低い旨

低〇〇、〇〇ひかえめ、〇〇少、〇〇ライト、ダイエット〇〇
その他上記に類する表示

低減された旨

○○30%カット、 ○○10gオフ、 ○○ハーフ
その他、他の食品と比べて栄養成分の量が低減された旨の表示

高い旨

高〇〇、〇〇豊富、〇〇多
その他上記に類する表示

含む旨

○○源、○○供給、○○含有、○○入り、○○使用、○○添加
その他上記に類する表示

強化された旨

○○30%アップ、○○2倍
その他、他の食品と比べて栄養成分の量が強化された旨の表示

 

 

人工甘味料(合成甘味料)の種類

 

人工甘味料と一般的に呼ばれるものには合成甘味料(純粋な人工甘味料)に加え、人工的に合成される天然甘味料も解釈に入っている場合が有ります。

合成甘味料(ショ糖と比較した甘味度の倍数)にはアスパルテーム(200倍)、アセスルファムカリウム(200倍)、サッカリン(500倍)、スクラロース(600倍)、ズルチン(使用禁止)、チクロ(使用禁止)、ネオテームなどが有ります。

天然甘味料であるステビアは植物名で成分のステビオシドはショ糖の300倍の甘未度を有します。

エリスリトール、キシリトール、ソルビトール、トレハロース、マルチトール、パラチノース、ソーマチン、グリセリン、グリチルリチン、モネリン、モナチン、ミラクリンなども天然甘味料になります。

 

 

人工甘味料で太りやすい身体に?

 

食後には血糖値が上がります。糖分が十二指腸から速やかに吸収されるからです。

血糖値が上がると膵臓からインスリンが分泌され、血糖値が下がります。インスリンは糖分を各臓器に取り込みますが、脂肪細胞にも取り込み、脂肪細胞では糖分は脂肪に変換され「体脂肪」として蓄えられます。

インスリンは「肥満ホルモン」とも呼ばれます。外国人はインスリンの分泌能が高く、糖分の摂取量が高いので米国など超肥満の人が多いですね。

日本人はインスリンの分泌能が外国人ほど高くないため、その分、糖尿病のリスクが高くなります。

実は人工甘味料でもインスリンの分泌量が増えることが分かっています。

人工甘味料を含む食事の場合、糖の吸収量が低いと血糖値が低めとなり、空腹感を感じてしまいます。すると食欲がかえって増強されてしまいます。

また、満腹感を感じる満腹ホルモン「レプチン」が過剰に分泌され続けます。すると、満腹感をずっと感じるのではなく、満腹感のセンサーが麻痺して満腹感が感じられなくなってしまい、食欲が更新します。

 

 

また、人工甘味料の強い甘みの刺激により舌の甘みセンサーが弱くなり、強い甘みを得るために糖質の摂取量が高まる可能性も有ります。

更に腸管にも甘みセンサーがあり、腸管からの糖分の吸収量が促進されます。

他に、人工甘味料により腸内細菌叢の耐糖能に変化が起こり、その結果、腸管からのエネルギー吸収量が増大するとも言われています。

つまり、エネルギーを吸収し太り易い身体へ変化してしまう可能性がある、とのことです。

 

小悪魔
ダイエットに人工甘味料を使っているのに、身体が変化してエネルギーの取り込みが増える結果となるのは納得いかないわ。

 

糖分を欲する身体に変化する可能性があるんですね。
妖精

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-ダイエット, メタボ, 糖尿病・脂質, 糖類, 腸内細菌

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2019 All Rights Reserved.