サプリメント 健康に役立つ食品 女性 感染症 腸内細菌

女性を感染症から守るデーデルライン桿菌

更新日:

乳酸菌であるデーデルライン桿菌

 

デーデルライン桿菌は乳酸菌ですが、特定の細菌を指すのではなく、複数の細菌群を示しています。

主にラクトバシラス属により構成され、ヨーグルトの含まれるビフィズス菌、ガセリ菌、ブルガリア菌、その他イナース種、クリスパタス種、アシドフィルス種、ジェンセニイ種、ブフネリ種などから構成されています。

 

女性の感染症について

 

女性の膣の感染症として、例えば細菌性膣炎があります。普段は膣の自浄作用によって感染はしないのですが、自浄作用が低下することで感染することが有ります。

カビの一種であるカンジダ膣炎も多く見られる感染症です。また、性感染症でトリコモナス膣炎(トリコモナス原虫がセックスを介して起こす膣炎)も有ります。これらも普段は自浄作用により感染しにくい状態になっています。

自浄作用の低下の原因として、不規則な生活、病気、疲労やストレスにより免疫力が低下したり、生理前や生理後、抗菌剤の使用、膣の洗浄過多、妊娠等が考えられます。

膣の洗浄過多は洗浄付きトイレの「ビデ」機能による洗い過ぎなども考えられています。

 

膣の自浄作用とは

 

女性の膣内は普段は自浄作用により綺麗な状態なんです。それは膣内にデーデルライン桿菌という乳酸菌の一群が住み着いていて、膣内を酸性状態に保つことで雑菌から守っているのです。

膣の洗い過ぎや抗菌剤の使用でデーデルライン桿菌が消えてしまったり、免疫力の低下や生理前後で雑菌のパワーが相対的に高まってしまうことで、膣感染症になり易い状態となってしまいます。

 

「おりもの」の異常を感知せよ

 

膣から分泌される「おりもの」の普段の状態を知っておくことは大切です。

感染することで、「おりもの」普段と異なる色や香りであったり、粘り気が増えるあるいはさらさらになる、量が増えるなどの変化が生じます。

普段からよく観察することが大切です。感染症になったら医療機関を受診して治療を行ってください。

 

 

デーデルライン桿菌を増やしましょう

 

規則正しい生活を送り、ストレスをためないこと、生理前後の清潔維持、膣を洗い過ぎない等で感染リスクは低下します。

デーデルライン桿菌を増やす努力も必要でしょう。普段からヨーグルトなどで乳酸菌の摂取を行うことで、膣の自浄作用を保つことが可能です。

補助的にサプリメントの使用もお勧めします。L8020乳酸菌はカンジダに有効とされています。

民間療法ではヨーグルトの直接塗布によるヨーグルト療法もあるようですが、注意点としては清潔な方法で行うことや、無糖のヨーグルトを使用することが挙げられています。

糖分は雑菌の餌になり、繁殖を促してしますので要注意です。

 

妖精
洗い過ぎはダメなんですね。でも不潔でいてもダメなので難しいですね。

 

ヨーグルト療法の外用塗布はやっぱり不安なので、しっかり食べるかサプリメントがいいわ!
小悪魔

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-サプリメント, 健康に役立つ食品, 女性, 感染症, 腸内細菌

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2019 All Rights Reserved.