疾患

命にも関わるダニの害を知る

投稿日:

健康を害するダニ

 

ダニは刺すことでヒトに被害(刺咬被害)を及ぼすことに加え、ハウスダストによるアレルギーの原因にもなります。世界に45,000種類ほど存在すると言われていますが、害を及ぼすものはほんの一部のようです。

 

 

ツメダニ

 

梅雨時から秋口に繁殖します。吸血はしないが人を刺し体液を吸います。特に8月から9月は刺咬被害が増加します。

 

イエダニ

 

元々海外から日本に入ってきたダニです。6月から9月に繁殖します。ネズミや鳥に寄生し吸血しますが、ヒトに対しても吸血します。ネズミの多い繁華街のある都市部で被害が見られます。

 

ヒョウヒダニ(チリダニ)

 

一年を通して繁殖します。死骸や糞がアレルギーを引き起こします。ヒトを刺すことはありません。

 

 

コナダニ

 

梅雨時から秋口に繁殖します。ヒトを刺すことはありませんが繁殖力が強いのが特徴です。食品(特に粉もの)や畳に発生します。ツメダニの餌となり、間接的にツメダニによる刺咬被害が増加することがあります。

 

マダニ

 

野外で活動するダニです。野外で皮膚を露出して活動する場合注意を要します。体温、体臭、振動に反応してヒトに飛び移るようです。刺されると炎症を起こし腫れあがります。マダニが媒介する感染症(後述)が問題となっています。

 

 

ヒゼンダニ

 

吸血はしませんが人体に寄生し、「疥癬」(後述)という皮膚病の原因となります。

 

ツツガムシ

 

ツツガムシもダニの一種です。幼虫はネズミ等の哺乳類の皮膚に寄生します。ツツガムシ病はツツガムシそのものが感染するのではなく、ツツガムシが媒介するリケッチアによる感染症です。

 

リケッチアとは

ウイルス同様宿主の細胞外では増殖できません。チフスやリケッチア症を引き起こします。感染症はテトラサイクリン系やクロラムフェニコール等の抗生剤により治療を行います。

 

マダニが媒介する感染症

 

 

日本紅斑熱

 

日本紅斑熱リケッチアによる感染症です。発熱、発疹(紅斑)、頭痛、倦怠感、関節痛、筋肉痛等の症状が発現します。テトラサイクリン系の抗生剤で治療します。

 

Q熱

 

コクシエラ菌による感染症で、わずかな菌数でも感染力が非常に強いです。発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、咽頭痛、倦怠感等のインフルエンザ様症状があり、死亡率は1~2%といわれます。テトラサイクリン系またはニューキノロン系の抗生剤で治療します。

 

ライム病

 

ボレリアスピロヘータによる感染症です。刺咬部が紅斑となり、リンパ節腫脹の他、発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、咽頭痛、倦怠感等のインフルエンザ様症状が発現します。また、神経症状、不整脈等の心疾患、角膜炎等の眼症状、関節炎、筋肉炎、脳髄膜炎に至ることが有ります。テトラサイクリン系の抗生剤が有効とされます。

 

スピロヘータとは

らせん状の形をしたグラム陰性菌の一種。梅毒もスピロヘータであり、ヘリコバクターやカンピロバクターは類縁。

 

回帰熱

 

ライム病同様、ボレリアスピロヘータによる感染症です。症状もライム病に類似しますが、肝炎、肺炎、脾腫等の症状も有ります。

 

脳炎

 

ダニ媒介性脳炎ウイルスによる感染症です。インフルエンザ様症状や、痙攣・眩暈・知覚症状などの中枢神経系症状が発現します。有効な治療法はありません

 

重症熱性血小板減少症候群

 

重症熱性血小板減少症候群ウイルス(SFTSV)による感染症です。発熱、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、筋肉痛、意識障害、リンパ節腫脹、皮下出血などの症状が発現し、死亡率は10~30%といわれます。有効な治療法はありません

 

ヒゼンダニによる「疥癬」

 

ヒゼンダニは肉眼では見えない小さなダニです。皮膚の角質層「疥癬トンネル」を掘って寄生します。トンネルを掘りながら卵を産み増えて行きます。皮疹、丘疹、激しい痒みが発現します。免疫力が低下するとダニが数100万寄生する「ノルウェー疥癬」となります。

 

妖精
ハウスダストにはたくさんのダニの死骸が含まれています。畳や布団、毛布で増殖するので、こまめな掃除や洗濯、取り換えを心がけましょう。

 

山に入るときはダニに刺され無いように、長袖など皮膚を露出させないことが重要ですね。帰ったらダニが付いていないか要チェック!
かっぱ君

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-疾患
-,

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2019 All Rights Reserved.