健康

ビタミンサプリメントで皮膚がんリスクを低減。

更新日:

ニコチンアミド

ナイアシンは別名ニコチン酸と呼ばれるビタミンの仲間で、ビタミンB3と言います。ナイアシンがアミド化という化学修飾された化合物がニコチンアミドで、ニコチン酸アミドナイアシンアミドとも呼ばれます。ニコチンアミドはナイアシンと同じ働きをする上に、ナイアシンで引きおこる副作用(皮膚の紅潮や痒み)を引き起こすことがありません。過剰投与の場合、ナイアシンと同様、肝機能障害が起きることがあります。

 

ビタミンB3の欠乏症

ビタミンは欠乏することで欠乏症を引き起こします。ビタミンB3(ナイアシン)の欠乏症は「ペラグラ」という疾患を引き起こします。「ペラグラ」とはイタリア語で「皮膚の痛み」を意味し、日光による光線過敏症、皮膚の赤い発疹、悪心・嘔吐、便秘・下痢などの消化器症状、口内炎、舌炎、食道炎、脳症による錯乱、見当識喪失、幻覚、健忘などの症状が発現します。
このようにビタミンB3は皮膚や消化管の表面部位に関連する作用があります。欠乏した場合はニコチンアミドの補給が効果的です。

 

スポンサーリンク

更年期障害におすすめのサプリメント

 

ニコチンアミドと皮膚がんとの関連性

オーストラリア、シドニー大学の研究で、ニコチンアミドサプリメントが、皮膚がんリスクを低減する可能性が示されました。この研究結果は、米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表されました。
研究によれば、ニコチンアミドが皮膚細胞のエネルギーを高め、DNA修復を促進、皮膚の免疫系を強化することが示された、とのことです。
ニコチンアミドを服用した群と服用しない群とを比較したところ、ニコチンアミド服用群で新規の非黒色腫皮膚がんの発症率が非服用群よりも23%低かったとの結果です。また、がんにつながる皮膚の厚い鱗状の斑の減少効果を確認しています。服用を中止することで、効果はなくなるようです。

 

スポンサーリンク

1日1粒でキレイを補充

 

ビタミンサプリメント

ニコチンアミド単味のサプリメントもありますが、ビタミンB群を総合的に含むサプリメント、更に多くのビタミンをマルチに含むサプリメントも数多くあります。それらを上手く利用し、過剰摂取することなく、適量を毎日服用することで、身体機能を適切に維持することができ、大いにメリットがあるものと考えます。

 

かっぱ君
特に食が細くなる高齢期には、サプリメントによる不足分の補給は有効だと思います。
ビタミンは少しの量でも身体に有効なので、それを毎日続けることが大切ですね。
妖精
小悪魔
お肌の健康は女性には特に重要よね♡

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク

 

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-健康
-,

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2018 All Rights Reserved.