疾患

今、風疹が大流行~ワクチン後進国「日本」~

更新日:

流行する風疹

 

今、国内で風疹が大流行しています。
患者の多くは30代から50代の男性です。
一度感染あるいは予防接種をした場合、通常は発症しない感染症です。なぜ今、風疹が大流行するのでしょうか?

 

風疹とは

 

風疹はウイルス性の感染症です。飛沫感染するためくしゃみ、咳のしぶきで感染します。一般的には潜伏期間は2~3週間で、症状は発熱、発疹、リンパ節の腫れが発現します。
妊娠初期の女性が罹患した場合、赤ちゃんに難聴や心疾患などの重大な障害が出ることがあり、要注意です。

 

ワクチン接種の状況

 

唯一予防する方法はワクチン接種です。
風疹ワクチンはいつどのように接種されてきたのでしょうか。

 

風疹ワクチンを接種した人の生年月日

 

生年月日  

1962年4月1日以前

(2018年現在:56歳以上)

(強制・任意)接種を受けていません
◆接種の義務化(2018年現在:39歳~56歳)※女性のみ
1962年4月2日-1979年4月1日 女性のみ1回(中学生集団接種による)
◆以降、接種は任意(希望者のみ)(2018年現在:39歳以下)
1979年4月2日-1987年10月1日 男女とも1回(中学生個別接種による)
1987年10月2日-2005年4月1日 男女とも1回(小児期個別接種による)年齢により2回目の接種の可能性あり(個別接種による)
2005年4月2日以降 男女とも2回(1歳児及び小学校入学前1年間・個別接種による)

 

1977年8月から中学生女子(男子は対象外)への風疹ワクチンの集団接種が唯一義務化された時期が有りました。
その後1989年以降は「個別推奨」となり、義務ではなく「任意接種」となりました。つまりは希望者、小児の場合は保護者の希望がなければ、予防接種を受けない状況が現在まで続いています。

 

かっぱ君
今、30代~50代の男性に流行している訳ですね。

 

妊娠している奥さんや仕事仲間に感染しちゃったら大変!!
ユニコーン

 

ワクチン後進国「日本」

 

日本はワクチン後進国と言われています。
ワクチンを接種するのは主に乳児~幼児、小学生、中学生が多いです。
少しでも副作用が発現すれば、親御さんは大変心配になります。死亡したり、障害など残れば、どんな心境になるでしょうか。
実際、昔のワクチンは質も悪く、当時の厚生省の対応もお粗末だったために、死亡例が出たMMR(麻疹・おたふくかぜ・風疹)ワクチンは大バッシングされました。
その結果が、先の集団接種の中止、以降任意接種となった理由です。
その結果、数十年経った現在、風疹が大流行しています。
妊婦さんが罹患することで、生まれた赤ちゃんに障害(先天性風疹症候群)が出たケースも実際あります。

 

先天性風疹症候群

先天性心疾患、難聴、白内障(3大症状)
網膜症、肝脾腫、血小板減少、糖尿病、発育遅滞、精神発達遅滞、小眼球など

 

未来のためのワクチン接種

 

ワクチンには大きなメリット(有益性)があるものと考えます。
現在のワクチンは質も良く、確かに副作用は0ではありませんが、昭和の時代に比べれば格段に安全性が高くなっています。
医療水準も高いので、万が一の時の措置も一昔とは比べようが無いくらい的確です。
目先の副作用のために、安易に接種をためらうのではなく、将来のために、子供たちのために接種を行う判断が必要と考えます。

 

★ワクチンの副作用から、今の子供を守りたい?
★ワクチン接種により疾患から、未来の子供たちを守りたい?

 

ワクチンは有効性が示されるために何年、何十年も時を要します

命に関わる疾患もあります。こちらを参照

ワクチンの有用性に理解が得られることを願うばかりです。

 

小悪魔
子供のころ予防接種したかなんて覚えてないわ!

 

その場合は、まずは抗体検査を受けてくださいね。
妖精

 

龍じい
自治体からの補助制度があるはずじゃ。調べてみんとな~

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-疾患
-,

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2018 All Rights Reserved.