健康

身体に重要な微量元素(ミネラル)の働き

更新日:

微量元素(ミネラル)

身体を構成する元素の中で、基本組織を構成する元素として、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)、窒素(N)が有ります。

加えて、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、リン(P)、クロル(Cl)など、比較的体内量が多い元素を更に除外し、比較的微量に存在するものの、不足により欠乏症が生じる元素を「必須微量元素」と言います。

生体内の微量元素

鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、クロム(Cr)、マンガン(Mn)、セレン(Se)、モリブデン(Mo)、ヨウ素(I)の8種類があります。

不足することで、欠乏症が発現しますので、特に経口からの食事が十分にできない場合、経管栄養剤や栄養輸液への添加が重要となります。

妖精
妊婦さんは鉄分が不足することが有りますね。

主な欠乏症

鉄(Fe)

鉄欠乏性貧血

亜鉛(Zn)

皮膚炎、脱毛、口内炎、味覚異常、貧血、男性機能異常、易感染症、骨粗しょう症、成長障害

銅(Cu)

貧血、汎血球減少症、神経損傷、骨粗しょう症、錯乱、抑うつ

 

クロム(Cr)

耐糖能障害、体重減少、運動失調、末梢神経障害
 

マンガン(Mn)

皮膚炎、成長障害、血清コレステロール低下

セレン(Se)

ケシャン病(克山病)、カシン・ベック病(心筋壊死など)、甲状腺機能低下

モリブデン(Mo)

亜硫酸毒(頻脈、過呼吸、昏睡)、成長遅延、尿酸代謝障害

ヨウ素(I)

甲状腺腫、甲状腺機能低下症、粘膜水腫、妊孕性低下(死産、自然流産、乳児の死亡リスク増大)

ペガサス
ヒトの身体に必要な微量元素(ミネラル:mineral)です。
鉄(Fe)

フェリチン(タンパク質)で貯蔵される。赤血球のヘモグロビンは鉄による酸素の運搬などを行う。レバー、シジミ、アサリ、ホウレンソウ、ヒジキ、ゴマ、海苔、パセリなどに多く含まれる。

亜鉛(Zn)

インスリンをはじめとする様々な酵素に含まれる。免疫機能、味覚感知、成長、精子形成などを行う。牡蠣、レバー、牛肉、チーズ、卵、納豆、牛乳などに多く含まれる。

亜鉛…若返りに重要な微量元素!

銅(Cu)

酵素などの銅タンパク質として存在し、電子伝達系、酸素輸送、ヘモグロビン合成などを行う。牡蠣、牛レバー、ロブスター、アボカド、グリーンオリーブ、ココア、黒コショウなどに多く含まれる。

クロム(Cr)

インスリンの受容体と結合に関与し、糖代謝において重要な働きをする。レバー、エビ、ビール酵母、穀物、豆類、キノコ類、黒コショウなどに含まれる。

マンガン(Mn)

骨の形成や代謝、消化機能に関与する。ショウガ、日本茶、シソ、シジミ、クリ、モロヘイヤ、納豆、パセリなどに多く含まれる。

セレン(Se)

セレンシステインとして存在し、活性酸素からの防御機能の働きがある。抗酸化作用のある酵素、甲状腺ホルモンを活性化する酵素にも含まれる。かつおぶし、からし、牛肉、豚肉、タラコ、マグロはじめ各種魚類、ヒマワリの種などに多く含まれる。

モリブデン(Mo)

酵素として存在し約20種類が知られている。窒素をアンモニアに変換するニトロゲナーゼ、尿素合成に関与するキサンチンオキシダーゼもモリブデン酵素の一つである。大豆等の豆類、米、ゴマ、落花生、豚肉などに多く含まれる。

ヨウ素(I)

甲状腺ホルモンの合成に重要な微量全素。ワカメやヒジキなどの海藻類、卵、アワビ、タラコ、ウナギ、牡蠣、あさり、かつお節などに多く含まれている。

 

[PR]

「はねかわ」が個人的に愛用しているサプリメントです。各種ビタミン、亜鉛等のミネラルの他、リジンを含むアミノ酸など、幅広く配合されています。

栄養素の偏りの是正に、是非、お勧めします。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-健康
-,

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2018 All Rights Reserved.