感染症

無症状も含めたコロナウイルス保菌者数を死亡率から予測!①2020年3月27日

無症状も含めたコロナウイルス保菌者数を死亡率から予測!(更新版)

推定感染者数 更新日 感染者数 死亡数 死亡率 推定感染者数 2020/7/2 18,874 975 5.17% 162,500 死亡率に影響を与える因子 死亡率に影響を与える因子については下記が考え ...

↑ ↑ ↑

更新しています。

 

コロナウイルスを保菌しながらも、無症状であるため、行動制限ができず、結果クラスターの発生が起こってしまう現状があります。

無症状も含めた、実際のコロナウイルスはは日本国内にどれほど存在しているのでしょうか?

医療体制、PCR検査体制が整っていることで死亡率が最も低い国を基準国として、潜在感染者数の可能性を予測してみました。

 

急がれるPCR検査体制

 

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。

日本国内においては、PCR検査体制がまだ十分に確立出来ておらず、今後体制が整備されていくことで、コロナウイルス陽性患者数が増加していくことが予想されます。

即ち、現時点においてはコロナウイルス陽性であっても検査がされないままでいる、

非特定コロナウイルス保菌者が多数存在する

、と言うことです。

保菌者でありながら無症状であるため、自制しないまま通常の社会行動が行われ、クラスターが発生しやすい人が密周した密閉空間に入り込んでしまい、爆発的な感染が発生してしまうのです。



現時点での世界各国の死亡率

 

2020年3月27日現在の世界各国の感染者数、死亡者数、死亡率は下記の通りです。
(国内:2020/3/26現在、世界:2020/3/23現在)

国名 感染者数(A)人 死亡者数(B)人 死亡率(B*100/A)%

日本

(国内事例のみ)

1,292 45 3.48
中国 81,093 3,270 4.03
イタリア 59,138 5,476 9.25
米国 32,644 411 1.25
スペイン 28,572 1,720 6.01
イラン 21,638 1,685 7.78
ドイツ 18,610 55 0.29
フランス 16,018 674 4.20
韓国 8,961 111 1.23
スイス 6,216 60 0.96
英国 5,683 281 4.94

死亡率が国によって違いますね。

この死亡率は医療体制、PCR検査体制、国民性の違いにより現れた数字、とも言えます。

ドイツの死亡率は極めて低く、イタリアの死亡率はドイツの31倍という状況です。

 

PCR陽性以外の保菌者を含めた感染者数の実態

 

新型コロナウイルスによる死亡率は一定数であるとの前提で予測をたててみます。

世界各国で死亡率が異なる要因

  • PCR検査の実施率の違い
  • 医療体制、医療レベルの違い
  • 国民性(生活習慣等)

 

これらの要因が大きいものと考えます。

ある程度の感染者数が有り、死亡率が低い国はドイツ(0.29%)です。

この国ではある程度の医療レベルがあり、PCR検査体制が確保されていることで陽性患者数が多い(18,610人)ものと予測されます。

この国の死亡率0.29%を基準値とし、実際の死亡者数から感染者数を逆算すると、下記の通りとなります。

※推定感染者数=(死亡者数×100)/0.29554

国名 感染者数(A)人(実数) 感染者数(C)人(推定) 死亡者数人 係数(C/A)

日本

(国内事例のみ)

1,292 15,226 45 11.78
中国 81,093 1,106,449 3,270 13.64
イタリア 59,138 1,852,879 5,476 31.33
米国 32,644 139,067 411 4.26
スペイン 28,572 581,985 1,720 20.36
イラン 21,638 570,142 1,685 26.34
ドイツ(基準国) 18,610 18,610 55 1.00
フランス 16,018 228,057 674 14.23
韓国 8,961 37,558 111 4.19
スイス 6,216 20301 60 3.26
英国 5,683 95,080 281 16.73

この推定感染者数(C)は、基準国であるドイツと同程度の医療体制、同程度のPCR検査実施体制と仮定した場合の数字です。

中国とイタリアは100万人越え、スペインとイランも50万人を超えています。

日本も15,000人を超えます。

ただし、厳格な医療体制・検査耐性下で、この死亡者数であれば、感染者数はこれだけいる、という数字になります。

医療体制が脆弱で、PCR検査体制も整っていなければ、死亡率が上昇し、実数(A)に近似していきます。

感染者数の実態としては、(A)と(C)の間ではないかと予測されます。

右端の係数は予測値と把握された感染者数との比であり、隠れた感染者を含めた実数が把握された数の何倍ほど存在するかの目安となります。

係数の数値が20を超える、イタリア、イラン、スペインは潜在的な感染者がまだまだいるのではないでしょうか。

係数の数値が10を超える、日本、中国、フランス、英国もかなり存在確率が高いと考えます。

 

内部リンク

 

COVID-19まとめ(随時更新中)

日本の感染者数 日本全体の状況 日本国内(2020/7/10 感染速報)18:00   PCR陽性 死亡者 国内事例 チャーター便含む 21068 981 クルーズ船   PCR陽性 死亡者 クルーズ ...

新型コロナウイルス感染症の経緯と問題点。今後の終息と克服の可能性に関する一考察

新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の経緯と問題点をまとめつつ、今後の終息の方向性、可能性を考察してみます。   新型コロナウイルス感染拡大の経緯 SARS-CoV-2抗体が無 ...

PCR検査とはどんな検査なのか。どこで実施されているのか?保険適応は?

新型コロナウイルス感染症COVID-19の勢いは止まりません。 ウイルス感染の有無を調べるためのPCR検査ですが、海外に比べ日本での実施件数が少ないのではないか?問題になっていますね。 PCR検査とは ...

新型コロナウイルス感染症は集団免疫獲得でどう変わるのか?

免疫の獲得方法 免疫の獲得方法は2種類あります。 ・ワクチン接種による獲得 ・自然免疫の獲得 ワクチン接種 現在、ワクチン開発が急がれてはいますが、有効なワクチンの開発にはかなり時間がかかるものと考え ...

無症状も含めたコロナウイルス保菌者数を死亡率から予測!(更新版)

推定感染者数 更新日 感染者数 死亡数 死亡率 推定感染者数 2020/7/2 18,874 975 5.17% 162,500 死亡率に影響を与える因子 死亡率に影響を与える因子については下記が考え ...

新型コロナウイルスの正体と抗体

コロナウイルスには色々な種類が有ります。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)はどんなウイルスでしょうか。 抗体による感染予防、免疫治療は可能なのでしょうか? 一番の関心事は抗体の強さでしょう。 ...

新型コロナウイルスに治療効果のあるとされる医薬品

新型コロナウイルス「COVID-19」は世界中に伝播しパンデミック宣言がなされました。 特に免疫力の弱い人々や合併症を有する人々を中心に肺炎の悪化等による死亡例が増加しており、治療薬やワクチンの開発が ...

変異するウイルス…インフルエンザウイルスの正体と予防・治療

インフルエンザウイルスの種類   インフルエンザウイルスには大きく分けて3つの型が有ります。それはA型・B型・C型。 インフルエンザA型、インフルエンザB型はよく聞きますが、インフルエンザC ...

今、風疹が大流行~ワクチン後進国「日本」~

流行する風疹   今、国内で風疹が大流行しています。 患者の多くは30代から50代の男性です。 一度感染あるいは予防接種をした場合、通常は発症しない感染症です。なぜ今、風疹が大流行するのでし ...

 

かっぱ君
あくまでも一考察です。

 

でも、検査を受けていない潜在感染者は、まだまだいるでしょうね。
小悪魔

 

 

ユニコーン
最近、アメリカで爆発的に感染者数が増えてきたことが気になります!

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。今後、お金の話も取り入れていきたいと思います。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-感染症

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2020 All Rights Reserved.