アンチエイジング 予防

骨を溶かすスクレロスチン。コントロールをして骨粗しょう症を予防!

スクレロスチン知ってますか?

 

たんぱく質であるスクレロスチン骨粗しょう症を引き起こす原因物質の一つです。骨細胞に特異的に発現し、骨形成を行う骨芽細胞の機能を抑制します。

 

このスクレロスチンの分泌が増加すると骨吸収(骨が溶けること)が更新して、やがては骨粗しょう症まで進行します。

 

かっぱ君
こちらのページも参考にしてくださいね。

 

 



 

骨細胞が出す命令

 

骨細胞は「骨を造る命令」「骨を壊す(溶かす)命令」を行います。骨も細胞の一つであり、細胞は常に新しいものに生まれ変わりますので、造ることも壊すことも重要になります。

成長期には骨がどんどん伸長していきます。成人になり、骨の身長が止まりますが、常に骨の再生は続きます。

骨を造るスピードより壊すスピードが速まれば、骨がもろくなっていくのです。

 

女性では女性ホルモンの量と骨量との関係が言われますね。
小悪魔

 

きつね
骨折などで寝たきりになると、急激に骨が弱くなったりしますね。

 

骨への「刺激」がとても重要!

 

ヒトの身体は使えば強くなり、使わないと弱くなります。筋トレで筋肉量は増えますね。競輪選手の足も太ももはもの凄い厚さです。

骨も同様なんです。骨に刺激が伝わることで「骨を丈夫にせねば!」と骨形成が進むのです。

この刺激が減ることでスクレロスチンの分泌量が増加し、骨の破壊が進行します。普段運動をせず、ゴロゴロしていると、スクレロスチンが大発生するんです。

 

スクレロスチンを減らす運動

 

ミズーリ大学の研究では、骨量が少ない男性にジャンプ運動と筋トレにより骨への刺激を与え続けることで、一年後に骨量が上昇したことが報告されています。

骨量は25歳くらいを過ぎると減少に転じます。運動による骨への刺激で、骨の破壊を防止することができるのです。

 

ユニコーン
やはり毎日の運動は大切ですね。

 

エレベーターよりも階段が長生きの秘訣かもじゃな。
龍じい

 

スクレロスチンを抑制する薬

 

最近になってスクレロスチンを抑制する薬が登場しました。

「イベニティ皮下注」はモノクローナル抗体という糖タンパク質で、スクレロスチンの作用を阻害します。

月に1回、1年間投与され、骨折の危険性の高い骨粗鬆症に使用されます。

 

かっぱ君
専門医が使用する注射薬になります。勿論、保険適用が有ります。

 

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
にほんブログ村

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。今後、お金の話も取り入れていきたいと思います。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-アンチエイジング, 予防,

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2020 All Rights Reserved.