疾患

ビタミンB6摂取で大腸がんリスクが低下

更新日:

ビタミンB6

ビタミンB6は水溶性ビタミンで、ピリドキサール(アルコール型)、ピリドキシン(アルデヒド型)、ピリドキサミン(アミン型)の3種類があります。

代謝型のピリドキサールリン酸 (PLP)が補酵素として働き、アミノ酸代謝、脂質代謝、糖新生(生体内で糖を造ること)、神経伝達物質の合成、ヘモグロビンの合成、遺伝子発現への関与等が知られています。

ビタミンB6が不足すると

皮膚炎、口角炎、口内炎、舌炎、湿疹、蕁麻疹、貧血、リンパ球減少症の他、うつ脳波異常等の症状があると言われます。

しかし、様々な食品に含まれており、腸内細菌による合成も行われるので、欠乏症は少ないと言われています。

大腸がんリスクとの関連性

大腸がんのリスクは、喫煙、肥満、加齢等の因子に関連するため、これらの要因を排除したうえで、ビタミンB6と大腸がんの発現について、5年間(男女約8万人)の追跡調査が日本国内において行われました。

追跡期間中に男性335人、女性191人、合計526人に大腸がんが確認されています。

その結果、男性でビタミンB6の摂取量が少ないグループと比較し、多いグループで30~40%発現リスクが低くなることが明らかになったそうです。

小悪魔
なぜに男性だけなの!??

アルコール摂取との関連性

飲酒習慣のある人で、アルコール摂取量が週150g(日本酒7合相当)以上と未満に分けて解析したところ、摂取量が多い人については、ビタミンB6の摂取量が多い場合の大腸がんのリスク軽減効果が、より大きいことが示された、とのことです。

お酒を飲む人はビタミンもしっかり補充しないとじゃな。
龍じい

結腸・直腸がんとの関連性

スウェーデンの研究では、血中PLP濃度と結腸・直腸がんとの関連について、9つの研究をメタ解析(複数の研究を統合した解析)した結果、ビタミンB6を最も多く摂取した群では、最も少なかった群と比較し、リスクが10%低減したことが報告されています。

ビタミンB6を多く含む食品

肉や魚、豆類、ナッツなどに多く含まれています。特にマグロ、カツオ、バナナ、にんにくに多いようです。

 

[PR]

「はねかわ」が個人的に愛用しているサプリメントです。各種ビタミン、亜鉛等のミネラルの他、リジンを含むアミノ酸など、幅広く配合されています。

栄養素の偏りの是正に、是非、お勧めします。

 

 

妖精
マグロやカツオはお刺身の方がより多く摂取できるそうですよ。
サプリメントはたくさんの種類が有りますね。
かっぱ君

にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
はねかわ

はねかわ

医療の世界に身を置き、常に情報収集。エビデンス情報が確かな承認医薬品に加え、積極的なエビデンス収集がなされにくいサプリメントや健康食品にもスポットを当て、予防医学、プレメディケーションの分野に貢献できればと考えています。専門分野は薬学、有機化学。薬学修士。

-疾患
-, ,

Copyright© 自分の力で健康、長寿、若返り! , 2018 All Rights Reserved.